【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る | 使い方とお願い | 日子の島TOP
 投稿番号:101583 投稿日:2017年02月13日 20時22分17秒  パスワード
 お名前:中村
美作菅家の支流にあらず

コメントの種類 :書籍・文献  パスワード

     「美作菅家の支流にあらず」

作陽誌にある有元氏系図に美穂満佐の子、五男に原田日向守 原田郷稲荷山城主
とありますが、捏造です。

※事の発端は、「元禄年間(1684年頃)に津山藩森忠政(信長のそば小姓森蘭丸の弟)にょって美作の古事を書き上げ、提出の要請を機に、京都で公家として続く(高辻、五条、唐橋)の元を訪ねて系図の照合と美作菅家一族の系図が間違いない事を確認している。この時、一族14人にカンパを働き、銀200目と言う多額の土産を持参している。                   Web有元氏参照

ご子孫が公家を尋ねられたのは、数百年も後の事で、このタイムラグは如何とも出来なかったので、自家に都合の良いストーリーを作成したと思われます。
今日なら、本日只今で調べられます。例えば、道真の先祖の菅原古人の弟真人が大枝姓を賜っています。子孫に大江匡房がいます。「群書類従」の大江氏系図の匡房の子に有本〇〇がいます。匡房の娘は原田初代忠高の妻です。四代興方が美作に流されたのは匡房が美作守だったからか、有元氏もその流れで美作に移り住んだかと推察出来ます。

尚、原田四代興方の弟の沖春は日向守です。原田十一代忠勝の妻は有本勘四郎の娘です。

有元〇〇は調べて次回ご報告します。






   

[2]中村さんからのコメント(2017年02月21日 20時14分25秒 ) パスワード

有元〇〇は、大江匡房の子で大江有元でした。

※本題に戻します。科学なら再現性の確認で済む問題ですが、歴史と言う怪物を退治するに、歴史家は、伝承や憶測の類を廃して当時書かれた日記や文章などの良質な資料の事実に基づくことで、事の可否を検討されます。エリートと呼ばれる専門家は、私などの素人を近づけませんが、“平熱”では気軽に多くの方の鑑定が伺えるので期待しています。

  平姓原田氏と美作菅氏との歴史認識の違い

※以下、「国会図書館 アーカイブス東作誌」より引用した美作菅家の筆頭有元氏の系図です。

   美穂満佐の子
        忠勝 筑後守 ?有本 奈岐山城主弘安十丁亥年二月卒六十歳 
        佐友 廣戸豊前守 廣戸村矢?城主
        周長 福光伊賀守 
        公興 植月豊後守 植月庄宮山城主
        忠門 原田日向守 原田郷稲荷山城主
        佐利 鷹取長門守 領鷹取庄
        資豊 江見丹後守 領江見庄         ?=字不明

美作菅氏―Wikipedia ・・・・の見解
原田氏
美作管氏を称する原田氏は所流が存在する。
菅家党の本拠勝田郡を離れた美作国久米郡稲岡庄原田を領有した原田氏がいる。平忠常の子の忠高が肥前「原田に住んで原田氏となり、保安四年(1127年)孫の興方が藤原仲時が高科師春を殺したことに関係して美作に流されて葛蟲庄(岡山県久米郡美咲町原田)を与えられ、狐山に稲荷山城を築いて住して翌保安五年
(1124)葛蟲庄を原田庄に改めた。この原田氏が四代(忠門)の代に姓を菅原に改めたと言う。美作菅家系図では忠門は美穂満佐の子となっている。この原田氏は天文元年に尼子氏に属して周囲に勢力を拡張するも天文十二年
に本拠稲荷山城を落とされ没落。その後、十五代三河守貞佐の元で復活して、主に宇喜多方として活動した。
しかし、朝鮮の役際、陣中騒動の責任を取らされ蟄居。武家としての活動は終わった。

一族が誕生寺の住職となり、世襲している。この久米郡原田氏は別勢力の武士団で、活動は異なる。

これとは別に、もっと古い代に美作管氏兼知より原田氏が出ており、兼知の子右馬充知貞は播磨長田庄に居住したが、承久の乱により討ち1死にし、その子右馬太郎知明は勝田郡真壁に移って菅家党として活動した。正慶二年(1333年)四月官軍として京都四条猪熊まで攻め入り武田氏らと戦った際、原田彦三郎佐秀が有元佐弘・佐光・佐吉・福光佐長、植月重佐、と鷹取種佐らと共に討死したことが見えている。天正七年に宇喜多氏が後藤氏を三星城に攻めた際、菅家党と共に籠城。落城後は鷹取氏とともに宇喜多方として有元氏攻撃を先導した。

後者の家系から加賀前田氏が派生している。



    「平姓原田氏文章系図」を基にした私の見解

@美作管氏を称する原田氏は所流が存在する。★初代平忠高〜二十一代誕生寺住                      職願誉の系図は一つです。
A保安四年孫の興方とありますが孫ではなく、★原田四代で曾孫です。
B四代忠廉(忠門)の時に姓を菅原に改めた?★忠門は原田七代で改姓はしてい                      ません。
C美穂満佐の子となっている。       ★原田四代興方の弟日向守光春                       と、七代忠門をつないで、原田                      日向守 原田郷稲荷山城主とし                      ている。門の父は光沖、母は藤                      原(伊達の祖)朝宗の娘です。
D一族が誕生寺の住職となり、世襲している。                この久米郡原田氏は別勢力の武士団で、活動は異なる。
                     ★住職は世襲していない。
                      同じ武士団です。
Eもっと古い代に美作管氏兼知より原田氏が出ており、
                     ★兼知は1300年頃の人、原田初代                      の系図を参照して下さい。

★以下は、「国会図書館アーカイブス」作陽誌。原田氏系図の記述(解読文)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇忠佐ノ子父ノ隕命ニ依リ出家願誉ト称シ誕生寺ニ従持ス
三河守(貞佐)家司池上内蔵助ノ子池上十右衛門ノ妻ハ貞佐ノ娘、
十右衛エ門末ハ農ト成リ此ノ村ニ在リ系譜(原田)ヲ伝ウ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  原田残された文章系図の判読文と解読文です。

家之紋梅鉢折枝九曜亀甲         
  忠 高   初代 忠 高(?〜1059)

桓武天皇五代後職     桓武天皇ノ五代後、
正五位上上総助平忠常  正五位上ノ官職、上総(カズサノ)助(スケ)平ノ忠常ノ
五男初而原田次郎忠  五男ハ初メテ原田次郎忠
高号天喜五年二月肥  高ト号ス、天喜五年(1057)二月肥後(ひご)ノ国 
州之原田立而洛ニ上同三  原田ヲ出テ京ニ上リ同三
月下旬勅請従五位下    月下旬勅(ミコトノリ)ヲ請ケ従五位下官
職肥後守任ス同十月兵  職肥後守ニ任ス同十月兵ヲ
進テ奥州下源義家加テ  進メテ奥州ニ下ル源義家ニ加ハッテ
安部定任等ト挑戦高科  安部定任ト戦ウ、高科 (*前九年の役)
常春張吉興等キソウテ  常春、張吉興等キソウテ
忠高ヲ助其ニ義家ニ職爰  忠高ヲ助ケ、義家ニツトメル、爰(ココ)ニ
出光祐光沖時忠時興  出テ光祐光沖時忠時興ト
皆討故軍ス康平二年  戦ツテ討ツ、康平(1059)二年
二月羽州杉谷之城責  二月出羽ノ国杉谷城ヲ攻メル
日野時益殺於爰時益  日野時益ヲ殺ス爰(ココ)ニ於テ時益
カ長子時安兵士二十余軍ヲ  ノ長子時安兵士二十余人引連レ
引出テ軍門ニ討死ト挑戦  戦ツテイサギヨク討死セント決戦ヲイドム
忠高ヲ討殺時安モ又討死  忠高ヲ討チ取ルモ時安自ラモ討死ス


 忠高高子     忠高ノ長子    
   忠 次(次子忠康)    二代 忠 次(1046〜1099)(次子忠康) 
               
母ハ大江正房カ娘永承   母ハ大江正房ノ娘、永承(1046)
元年正月二日生康平   元年正月二日ニ生ヲ受ク康平(1058)
元年・(ヨリ)父カ家督次曽   元年父ヨリ忠高家督(カトク)ヲ嗣(ツグ)曽(カッ)テ
肥後之原田ヲ住同七年   肥後(ヒゴ)之原田ニ住ム康平七年(1064)
詔テ請ヲト宇行祐坂上   詔(ミコトノリ)ヲ請ジテ宇(△)行祐(スケ)坂上
時運ヲ殺同年冬従五位   時運ヲ殺シ同年冬従五位ノ
下職ス肥後守任ス寛治   下ノ宮ニツキ肥後守ニ任ズ寛治(1088)
二年二月十三日正五位ニ叙   二年二月十三日ニ正五位ノ宮ニ叙セラレ
肥後守覚同六年四月   肥後守ニ信任同六年四月(1092)
源利沖ト及戦利沖行   源利沖ト戦イ利沖、行
重行方皆打首藤原   重、行方ヲ皆討チ首ヲトルモ藤原     
有沖中ニ得ズ   有沖ノ首ハ得ラレズ
康和元年二月ニ死ス   忠次康和元年(1099)二月ニ死ス


忠次次男         忠次ノ次男 
  忠 沖      三代 忠 仲(1087〜1106)

寛治元年生嘉承元 寛治(1087)元年ニ生ヲ受ク嘉承元
歳正月一日従五位下 年正月一日従五位ノ下ノ宮ニ
叙備前守任同二日正五 叙セラレ備前守ニ任ズ同二日正五
位叙同三日ニ従四位下叙 位ニ叙セラレ三日ニ従四位下ニ叙セラレ
少将宜而中将任ス同四日 少将ニ任ゼラルモ宜シテ中将トナル同四日
正四位叙参儀任同五日 正四位参儀ニ任ジ同五日
従三位ニ叙ス同八日兵卒テ 従三位に叙セラレル 同八日
洛ヲ出対馬守源義親 京ヨリ出陣シ対馬守源義親
等ト挑戦同廿六日対州負 等ト戦ウ同廿六日対馬守ハ忠沖ニヨッテ討タレル又
頼盛忠盛為討ル於是 頼盛忠盛モ討タレタ、忠沖コレヨリ
伯作ヲ隔三月京上四月 伯耆ヲ出テ三月京に入ルガ四月
九日忠沖卒ス 九日忠沖死(1106)ス


忠沖一男      忠沖ノ長男
    興 方   四代  興 方(?〜1141)

嘉承二年父ヵ家督ヲ次 嘉承二年(1107)父忠沖カラ家督ヲ嗣グ
同年従五位下ニ叙左右衛門 同年従五位下ニ叙セラレ左右衛門
尉任保安四年発卯二 尉ニ任ゼラル保安四年(1123)発(ミズノ)卯(トウ)二
月藤原之仲時等ニ命而 月藤原之仲時等ニ命ジテ
高科師春殺ス君是ヲ        高科(タカシナ)師春(モロハル)ヲ殺ス君ハ此ノ事ヲ
咎而原田作州葛虫置 咎(トガ)メテ原田ヲ美作ノ国葛虫(クズムシ)ニ配セラル
シム故是指而原田村号保 コレカラ此ノ地ヲ原田村トシタ
延五年己卯年罪免テ五月 保延(11)五年(39)己(ツチノ)卯(トウ)年先ノ罪ヲ免ゼラレ五月ニ
   (己未ガ正シイ)
作州葛虫庄給同年 葛蟲庄ヲ給ワル同年
十一月狐山家作葛虫住又 十一月ニ狐山下葛虫ニ住ム
言稲荷山是也永治元 稲荷山ト云ウノハ是山デアル永治元(1141)
年二月死弟沖春日向守 年二月ニ死ス、弟ノ沖春日向守ハ
曽肥前ニ住ス 曾(カツ)テ肥前ノ国ニ住ンデイタ

   本日は四代までの系図です。長くなりましたので次回に!






 【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る
この投稿に対する
コメント
注意  HTMLタグは使えませんが、改行は反映されます。
 http://xxx.xxx/xxx/xxx や xxx@xxx.xxx のように記述すると自動的にリンクがはられます。
お名前 (省略不可)
削除用パスワード (省略不可8文字以内)
メールアドレス (省略不可)
URL
 ホームページをお持ちの方のみURLを記入して下さい
◇Copyright(C) 2000 c-radio.net. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.25 Rapah.