【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る | 使い方とお願い | 日子の島TOP
 投稿番号:101577 投稿日:2017年01月03日 09時57分27秒  パスワード
 お名前:ミヤハラより
松葉宗益 後裔 平賀氏について3

コメントの種類 :その他  パスワード

松葉宗益 後裔 平賀氏について
三国氏との関係、井伊氏との関係、別系「平賀氏」との関係など
皆様からの御教示を心よりお待ち致します。

[1]ミヤハラよりさんからのコメント(2017年01月03日 10時39分44秒 ) パスワード

松葉宗益 後裔 平賀氏について2 コメント75から続けます(^'^)
http://www.hikoshima.com/bbs/heike_slink/101548_75.html

〉新年早々ですが、六殿宮祭主家「平江家」の文化十一年(1814年)の御先祖様と
宮原三宮宮司家そして橘姓宮原氏との繋がりを見つけましたよ!!!

をお伝え致します(^'^)

昭和34年発行の「宮原町郷土誌」
こちらに八代郡旧宮原町 宮原三神宮 宮司家 廣松家の家系図が記載されています。

まず宮原三神宮とは ウィキより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%8E%9F%E4%B8%89%E7%A5%9E%E5%AE%AE

宮原三神宮(みやのはらさんじんぐう、みやはらさんじんぐう)は、熊本県八代郡氷川町にある神社である。旧社格は郷社。八代北部全域の守護神として尊崇されている。
由緒[編集]
1159年(平治元年)、二条天皇の勅命により、平重盛が越中前司平盛俊に命じて社殿の造営がはじまる。1161年(応保元年)、社殿が竣工。平盛俊の弟である平盛房を社司に任じ、勅使平重盛らと共に神輿を報じて神霊を勧請し創建された。伊勢神宮内宮(天照大神)、日吉大社(国常立命)、下鴨神社(神武天皇)の3神を祀ったので三宮社と称した[1]。
1588年(天正16年)、キリシタン大名小西行長の焼討ちにより社殿が焼失した。1602年(慶長6年)、加藤清正公により復旧し、後の細川氏より手厚い保護を受ける。1661年(寛文元年)、神蔵寺をはじめ六坊が建立され、八代の妙見宮にならい宮原妙見社となる。
明治維新以降、神仏分離令により、神蔵寺を廃し、社号を宮原三神宮と改称し、郷社に列した[2]。

(^'^) 補足 宮原三神宮のすぐ近くに相良氏家臣 八代三奉行の一人宮原公忠が居城した宮原城がありました。
http://www.hb.pei.jp/shiro/higo/miyanohara-jyo/

宮原三神宮 宮司家を代々務めていらっしゃるのは廣松(広松)家です。
系図を拝見すると
平重盛公の三男「平清経」。平清経の子「平清房」この方が初代祭主大宮司となっています。
補足 ※ 弟 清国 緒方一郎八代郡五家荘久連子 緒方氏祖 と書かれています(p_-)

二代祭主大宮司 「行房」 中略・・台所 平盛房卿女

私が発見したのは
宮原三神宮 第二十六代 大宮司 「吉房」この方の子供様方の記述です。!!
転記させて頂きます(p_-)

※宮原三神宮 第二十七代 大宮司 「重房」。
文化十一年正月十七日卒 室者 滝 馬場下宮原氏之女

※女 木原六殿宮祭主 平江近江守妻

\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

ころも様!!
江戸末期のころも様の御先祖様の記述がありますよ!!!
妻となられた方は宮原三神宮 第二十七代 大宮司「重房」この方の姉妹。
なお且つ宮原三神宮 第二十七代 大宮司「重房」この方の妻は馬場下宮原氏之女。
馬場下宮原氏とは松橋・八代郡内等に残った橘姓宮原の一族の方々ですね・・

文化十一年という年号から推測すると1700年代後半から1800年代前半にかけての方々でしょう(p_-)

もしかしたら・・
ころも様が私「ミヤハラ」にピクン!!と反応されたのは
「ミヤハラ」という名・言葉をころも様のDNAが記憶されていたからでは??

今朝、何気なく昭和34年発行の「宮原町郷土誌」を読んでいて気が付きました。
ころも様・白石様にぜひご紹介したくて
慌てて書かせて頂きました(^'^)

では。
[2]白石さんからのコメント(2017年01月05日 18時40分21秒 ) パスワード

皆様こんばんは
みやちゃん 四月のメールやっとみれうことができました。
宮原家とのつながり おもしろくなってきましたね。
初夢は富士も鷹もなすびもでてこなかったけど 「せっかく夢と希望に燃えてはじめたのだから頑張ろう」と自分で自分にいっている夢をみました。
何を頑張るのか闘病なのかよくわからなかったけどとにかく頑張ろうと思います。一日一日脚力をつけるために歩いています。
ただその後体力消耗をすると爆睡するのがこまるところですが・・・
今年も希望にもえた年になってほしいですね。
[4]ミヤハラよりさんからのコメント(2017年01月07日 09時47分11秒 ) パスワード

追記

〉(p_-)ようするに・・糖尿病と痛風と喘息を私たち一族は受け継いでいるのであった!(p_-)・・と言う事です(..)

だけではなく(ー_ー)!!
皆、『大男』です!!(親戚に怒られるかな(..))

平川のふた従兄は185p
深水の○○兄ちゃんも180p以上
椎葉のふた従兄の子も185p
父の弟も180p(73歳です!)
その子供達(私の従弟)は長男196p 二男190p 三男185p
他にも親戚中に180p以上はうじゃうじゃ(又怒られるかな?(..))います。

身長174pの父はその中で「小さい」方になり
父は親戚の事を『進撃の巨人』をもじって
「親戚の巨人」と呼んでいます(-.-)(75歳の父はメディアには私より詳しい(;一_一))

ちなみに・・
昨年、十両に昇進した「多良木町出身の力真(立浪部屋)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%9B%E7%9C%9F%E6%A8%B9
力真 樹(りきしん たつき、1995年10月7日 - )は、熊本県球磨郡多良木町出身で、立浪部屋所属の現役大相撲力士。本名は久保田 樹(くぼた たつき)。身長190cm、体重152kg、血液型はO型。最高位は西十両12枚目(2017年1月場所)。

多良木町出身の力真関は本名『久保田 樹(くぼた たつき)』。身長190cm、体重152kg、血液型はO型。

(^'^)何だかすご〜く親しみを感じていて、父と共に以前から応援しています。

では(^'^)・・・(p_-)
[5]ミヤハラよりさんからのコメント(2017年01月07日 22時30分10秒 ) パスワード

コメント3は
皆、まだ現役なので削除させて頂きました(..)

白石様
御健康の回復を祈っています。

お散歩はあまり無理をされないで下さいね(^'^)

私は運動不足でございます(..)
[6]ミヤハラよりさんからのコメント(2017年02月24日 10時17分17秒 ) パスワード

白石様、ころも様 お久しぶりです<m(__)m>

ずっとお二人と、「平江氏」について気になっていたのですが
情報が見つかったので御紹介致します。

熊本県神社誌 上米良純臣氏 著
こちらに下益城地区神職家系図が記されていて、
六殿宮 榊田家 の系図がありました。

治承二年(1178年)当社勧請の時、平為成の子為歳紀州宇田より平重盛と共に下向し社職となる。
以降連綿す

とあります。
第25代の榊田土佐守正敬と言う方から「榊田氏」を名乗られているようです。

第31代までの方まで詳細が入って記されていますので、こちらに転記するよりも
写真を撮って直接お二人に送らせて頂こうと思いました。

メールでお送り致しますのでご覧ください(..)

では(^'^)
[8]ころもさんからのコメント(2017年02月24日 10時27分39秒 ) パスワード

宮原様 白石様

たいへんご無沙汰して申し訳ございません (T_T)

お二人ともご病気・お怪我も回復され、ほんとうによかったです。

私もおかげさまで元気にしておりますが、経理の仕事なので、
12月決算と年末年始のいそがしさもあり、やっと落ち着きを取り戻した
今日この頃です。

現在は益城まで車で10分足らずのところに住んでおります。
地震では敷地内の地割れと屋根瓦や外壁ブロックが崩壊し、
屋根瓦が雨のように降ってくるという恐ろしい体験をしました。

11月までは一階で枕もとにリュックを置き、いつでも出れるような
服装で寝ていましたのでなかなか安眠出来ませんでしたが

クロス以外は家の修復も終わったので、ようやく2階で
パジャマに着替えて眠れるようになりました。

宮原様には私の説明不足でご心配おかけしてすみませんでした。

金柑の甘露煮を作る気持ちの余裕も出て来たので、もう大丈夫です(^−^)

また今回は平江家と宮原家の繋がりを見つけていただきありがとうございます。

先祖同士のご縁がまたこうやって繋がるって不思議ですね。

お父様のご年齢は75歳なんですね。

うちの母は72歳なので、私たちの年齢もあまり変わらないのではと
さらに親近感を覚えました。

ちなみに私は今年年女です。

今年はたくさん福をとりこみたいと思っています。

いまさらですが、今年もよろしくお願いいたします。
[9]ミヤハラよりさんからのコメント(2017年02月24日 10時36分01秒 ) パスワード

ころも様
お久しぶりです(^'^)

と・・言うかめちゃくちゃ驚きました!
以心伝心です!

私がメッセージを送ると同時にころも様からコメントを頂いていました!
何だろう・・私 とても不思議でなりません。
気持ちが通じていたのですね(^'^)

地震の際は大変な御苦労をされたのですね。
球磨はそれほど被害は無かったですが、やはり、度重なる余震にはまいりました・・

今年は沢山良い事が待っている!(^'^)
と私も思っています。

お送りした写真、御参考にされて下さい(^'^)
[10]ころもさんからのコメント(2017年02月27日 14時49分03秒 ) パスワード

宮原様

私も今とても驚いてます。

メッセージの時間を確認していなかったので、
てっきり私がコメント書き込みしたので、
メッセージをいただいたのだろう
と思っていました。

書き込みしてすぐだったので、
それだけでもすごいことだと思っていたのですが、
本当に以心伝心だったんですね。

こんなことってほんとうにあるんですね〜

送っていただいた写真ありがとうございました。
参考にさせていただきます。



[11]ミヤハラよりさんからのコメント(2017年02月27日 15時27分32秒 ) パスワード

ころも様 今日は(^'^)

私がメッセージを送ったのがあの日の10:27分(今、Outlookで確認しました)
でっ!
ころも様がこちらのスレッドにコメントを書かれたのが同じく10:27分。

本当にビックリしますね!
まさに、以心伝心です(^'^)

実は、図書館から借りていた熊本県神社誌を前日に読んでいて
六殿宮 榊田家 の系図を見つけて・・
その時からずっと「明日、メールでお知らせしよう!」と!本当にず〜っと考えていたのです。
で・・コメントを書いてすぐにメールを送ったら・・
ころも様からコメントを頂いていたので、私、めちゃくちゃ驚いた!訳です(^'^)
私も、先程、時間を確認したらなおさら!こんな事って本当にあるんだ!!
ってビックリしました。

メッセージを送ろう!とずっと考えてた送信(送心ですね(^'^))側の私と
メッセージを受け取られる受信(受心ですね(^'^))側のころも様の
波長がピッタリ合っていたのですね(^'^)
ころも様自身がきっとその(送心・受心)の感度?がとても高い方なのだと思います(^'^)

もしや・・(;一_一)
前の晩に、ころも様の夢の中に『コンパスで書いたような丸い顔の女」が登場して
「ころも様!!(^◇^)お久しぶりで〜す!」
って言ってませんでしたか?

しかし・・
不思議な事は色々経験する私ですが
さすがにネット経由?は初めてでした(^'^)

お元気そうで何よりです(^'^)
今後ともよろしくお願い致します。
 【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る
この投稿に対する
コメント
注意  HTMLタグは使えませんが、改行は反映されます。
 http://xxx.xxx/xxx/xxx や xxx@xxx.xxx のように記述すると自動的にリンクがはられます。
お名前 (省略不可)
削除用パスワード (省略不可8文字以内)
メールアドレス (省略不可)
URL
 ホームページをお持ちの方のみURLを記入して下さい
◇Copyright(C) 2000 c-radio.net. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.25 Rapah.