【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る | 使い方とお願い | 日子の島TOP
 投稿番号:100674 投稿日:2004年08月23日 21時28分05秒  パスワード
 お名前:ゆき
平将門について...
キーワード:平将門 人物像 平将門の乱 時代背景
コメントの種類 :質問  パスワード

平将門の乱の時代背景や平将門の人物像などの考察があったら投稿してください。
レポート作成の参考にしたいですっ(^^)/
・将門が立ち上がった理由は...?
・将門の新国家像はどのようなものだったか...? etc...

[1]相馬さんからのコメント(2005年03月22日 17時52分21秒 ) パスワード

以前、将門の子孫についての掲示板があったみたいですが、本家の相馬氏は千葉氏から養子を貰ったので将門の血筋は絶えてしまいましたよね。

九州に行った子孫というのもありましたけど、どなたか将門の子孫をご存知ありませんか。
[2]日本の苗字七千傑さんからのコメント(2005年03月23日 21時08分05秒 ) パスワード
URL=http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm

相馬貞元の裔が九州相馬氏で、太平記に見える南北朝時代の鎮西の相馬小太郎などは後裔と思われる。
恐らく筑後国山門郡瀬高庄を中心に九州全域に拡がったものと推測する。
また異説として肥前有馬氏の祖である藤原氏長良流の直純は、実は将門の子相馬次郎平直澄であり養子となり藤原純友の末裔に家系をすり替えたとしている。
相馬姓は東日本に圧倒的に多いが、九州も熊本県をはじめ意外に多く薩摩の島津一族にも相馬を称するものがある。
[3]田中愛造さんからのコメント(2005年03月24日 00時04分35秒 ) パスワード

少し、古くなりますが・・
  川野京輔著(平 将門・純友風雲録)昭和50年。炎の時代を生きた野望の系譜と題した本が有ります。図書館にあると思います、将門の生き様や其の時代の背景など等が浮彫りで、とても面白いですよ。
[4]さんからのコメント(2005年03月24日 01時15分38秒 ) パスワード

九州相馬氏って現在でも健在なんでしょうか。

あと相馬を初めて名乗ったのは千葉からの養子からという説もあるので、九州へ移ったという貞元が相馬なのは不思議な気もしますね。
[5]相馬さんからのコメント(2005年03月30日 17時53分37秒 ) パスワード

将門の娘が平忠頼にとついでその子供が反乱を起こした平忠常というのは信用できるんでしょうか。

だとしたら、反乱の多い血筋ですね。
[6]日本の苗字七千傑さんからのコメント(2005年03月31日 00時06分40秒 ) パスワード
URL=http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm

相馬さんへ
 
上総介平忠常が乱を起こした関東、特に上総、常陸、上野は親王任国であり、国守は赴任しないで京都に居る。
これら三国に桓武平氏系の受領が多く任命されたのは、初代の親王国守が仲野親王(上総)、賀陽親王(常陸)、葛井親王(上野)といずれも桓武天皇皇子だったことによる。
忠常の祖である高望王も上総介として赴任、子孫が関東各地に土着して国府の官僚(介、掾など)に任命されている。
上総介とはいっても実質的には上総の最高権力者なので、
代を経る毎に在地土豪勢力との閨閥関係が深まり強力な武力集団が出来上がった。
しかし、職務と待遇の乖離による不満が溜まって中央に造反したものと考える。
[7]湖水の疾風さんからのコメント(2005年06月16日 15時21分44秒 ) パスワード

将門の子孫とされる相馬氏ですが、七代師国の時に家督争いのため千葉氏から養子・師常を迎えています。

師国の後妻が千葉氏出身だからとの事ですが、この師常は将門と血の繋がりというのはあるのでしょうか?

たとえば師国以前の相馬家から千葉家に輿入れしたような事があったのかという事です。
[8]湖水の疾風さんからのコメント(2005年06月16日 15時37分55秒 ) パスワード

聞いた事があるのは、将門の娘が良文の子忠頼に嫁いだというのものですが、
説はいろいろとあるようです。

それ以降は、相馬家と千葉家との婚姻関係はなかったのでしょうか?(師常を相馬初代とする説もありますが、ここでいう相馬は将門の血を引く師国までと考えます)
[9]日本の苗字七千傑さんからのコメント(2005年06月18日 23時25分52秒 ) パスワード
URL=http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm

師国には男子が無く(女子は居たが)、千葉氏から師常を養子として迎えている。
将門には十二人の実子が居たと伝えられるが、女子は二人(如蔵尼ともう一人)。
無名の方の女子が忠頼に嫁ぎ、千葉氏初代忠常の母となったので師常は後裔。
師国までは史料乏しく、相馬氏と千葉氏との婚姻関係は不明。
[10]湖水の疾風さんからのコメント(2005年06月19日 09時50分21秒 ) パスワード

日本の苗字七千傑さんへ

どうもご返事ありがとうございました。
しかし忠常の母は左京大夫藤原教宗の娘ともいわれているようです。

また将門の子孫が相馬氏の祖となったという伝承については、信頼できる書物が無く、将門と良文の密接な関係を解く書も残念ながら無いみたいです。
[11]日本の苗字七千傑さんからのコメント(2005年06月19日 11時43分42秒 ) パスワード
URL=http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm

湖水の疾風さんへ
 
御説の通り将門の子息は尊卑分脈には皆無で、異説が多くあります。
正確には、将門の女子に忠頼を婿に迎えた(いわゆる招婿婚)ということです。
当時は女系伝領から男系伝領への過渡期で、高望王の子孫で良文流、良兼流、良茂流の子孫が系図諸本間で錯綜や重複していることに如実に現れています。
例えば尊卑分脈でも三浦氏が良文流、良茂流の双方に現れています。
後世、相続が男系伝領へ移行と併せて系図を無理矢理変更したことが考えられます。
あまり男系に固執して血系絶対主義に陥ると、相馬氏に限らず平氏の多くの家系が怪しくなるものです。
[12]Guess_whoさんからのコメント(2008年01月17日 19時08分58秒 ) パスワード

当方、伝わる系図というものを基に他家等のものを比較して調べると、上に有る西日本の相馬も入るようなので、上に書いてある事を仮定すると、高望王の良文流、藤原為憲流の他に、良将流も入るかもしれず。高望王が三系統でたどれることになります。
http://www3.ocn.ne.jp/~thirao/familytree.htm

また大友系でもあるようなので、将門と激しく争った、俵藤太・藤原秀郷流もたどれます。

まぁ、錯綜、重複ってなところかもね。
[17]相馬興門さんからのコメント(2016年05月05日 01時03分20秒 ) パスワード

越後国相馬氏は将門の子孫だと伝わっています。将門の乱後、相馬興門が越後国蒲原郡築地(胎内市築地)に籠城、子孫が倉持城を建てたようです。先祖代々我が家には、先祖は将門だと伝わっています。越後野志、温故の栞、歴史書にも記録があります。
[18]ケビンさんからのコメント(2017年01月12日 11時13分20秒 ) パスワード

私の姓も相馬で、ルーツ探しで曾祖父の戸籍を頼りに、蒲原群の荒井浜という場所まで行きました。森の中に、凄い数の江戸時代からあるみたいな相馬の墓があり、大変驚きました。何か、興門と関係あるのでしょうか?
[19]相馬興門さんからのコメント(2017年02月02日 00時38分05秒 ) パスワード

http://blogs.yahoo.co.jp/rekisi1961/32565037.html?__ysp=6KyO44Gu55u46aas5rCP5aKz5aKT
謎の相馬氏墳墓  でも検索できます。
荒井浜は我が故郷とすぐ近くです。私達は、間違い無く
相馬興門の子孫ですね!興門の墓も近くです。将門の乱の直後に来ています。私達は親戚ですね!よろしくお願いします!(^o^)!FBでのご交流もお願いします。
[20]相馬興門さんからのコメント(2017年02月02日 00時50分40秒 ) パスワード

江戸末期、越後国荒井浜から北海道函館に行き、相馬財閥を築き貴族院議員にもなった相馬哲平氏がいます。

荒井浜から数キロ離れた地に、私の生まれ故郷があります。
 【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る
この投稿に対する
コメント
注意  HTMLタグは使えませんが、改行は反映されます。
 http://xxx.xxx/xxx/xxx や xxx@xxx.xxx のように記述すると自動的にリンクがはられます。
お名前 (省略不可)
削除用パスワード (省略不可8文字以内)
メールアドレス (省略不可)
URL
 ホームページをお持ちの方のみURLを記入して下さい
◇Copyright(C) 2000 c-radio.net. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.20 Rapha.