株式会社 エミ くりらじ マイホームフォーラム
 【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る
 投稿番号:100349 投稿日:2002年08月17日 12時34分37秒  パスワード
 お名前:代理投稿
先祖捜し:松隈氏

コメントの種類 :その他  パスワード

http://bbs.c-studio.net/heike_slink/100217_6.html
の源三どののスレッドをご覧になりました松隈氏より書き込みを頂きましたので
新しくスレッドを立て直しました。


・義氏(弾正少弼★河上社大宮司肥前松隈氏系図)



松隈篤郎さんからのコメント(2002年08月16日 15時23分29秒 )
   E-mail=1aturo@msc.biglobe.ne.jp

パソコンを始めて2月一寸、
何気なく我が姓を検索し本ページにたどり着き
皆様方の勉強ぶりに驚いて、コメント挿して頂きます。

私の4代前に小城藩士松隈享安{医者}の跡目相続後
いまの姓を名乗ってその出は同藩士松田氏次男と迄しか解りません。
{除籍謄本による}代々早折で分家のため殆どいい伝えが無く残念に思います。
古文書などの読み下しは不得手な小生なのでいつかは又よませてください。

皆様の御健精をお祈り致します。



ワタクシからのコメント(2002年08月16日 23時30分19秒 )

松隈さん
初めまして。


松隈氏は私の持ってる資料では
肥前の松隈氏は清和源氏賀茂氏の一族で
筑前の松隈氏も源氏
と出ています。

[1]服部 明子さんからのコメント(2002年08月17日 12時48分47秒 ) パスワード
  

福岡にも「松隈」という名の場所があるのですねぇ。

糸島郡志摩町大字松隈
[2]源三さんからのコメント(2002年10月26日 16時52分30秒 ) パスワード
  

服部・平明子さん御指名ありがとさんです。
よって松隈氏のこと今度書きこみ致します。
[3]松隈 紀二郎さんからのコメント(2012年01月29日 12時05分27秒 ) パスワード
URL=http://matsuguma.web.fc2.com/

私は福岡県嘉穂郡碓井町(現在・嘉麻市)出身の松隈です。
昭和50年頃までは碓井にも松隈姓が多くいました。お寺に行く時に表通りを時折通リますが現在は少なくなっているようです。何故か分かりません。
平成10年頃のNTT電話帳CDがありますが全国で1057名の名前が確認できます。
福岡県に443名、佐賀県に251名、東京都に40名、長崎県に38名、大阪府に32名、神奈川県に30名、熊本県に26名、兵庫県に25名がその内訳です。
少ないですね。
[4]空の青海のあをさんからのコメント(2012年01月30日 02時13分32秒 ) パスワード

珍しい名字ですね。


・もともと松隈に住んでたのか、

・中世時代のどこかで、
   福岡の松隈に土地を貰って赴任して来た一族か、

・明治時代に住んでた土地を名字にしたのか、

のどれかかな?と思いましたが


一瞬、平家系かとも思いました。

小松家の「松」に、平家一門の桓武平氏隈平三兼盛の「隈」を足した名字かな
と思いました。

「隈」というのはモトモト九州にあった名称なんでしょうね。
球磨とか熊襲から?


どこに住もうとも、故郷や出自がハッキリしているって「誇り」ですよ。
[5]日本の苗字七千傑さんからのコメント(2012年01月30日 11時09分12秒 ) パスワード
URL=http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm

>珍しい名字ですね。
 
松隈姓は3000位(約4,400)で、珍しい苗字でもない。
肥前国神崎郡松隈邑、筑前国志摩郡松隈邑発祥など。
肥前の豪族にあり清和源氏賀茂氏流。筑前の松隈氏も同族の様だ。
河上社大宮司職、原田家臣、小城藩士などに松隈氏。
[7]松隈 篤郎さんからのコメント(2013年05月03日 20時57分15秒 ) パスワード

皆さん いろいろの情報有難うございます 一昨年吉野ヶ里を訪ねましたら地区に松隈(マツグマ)地区と有り バス停も有りました 地区には松隈姓を名乗る50戸程が居住するとか 佐賀鍋島藩分家の際士分の小城藩到着に名が見れます 何かわかりましたら宜しくお願い致します。
[8]鍋島藩士子孫さんからのコメント(2013年05月04日 13時32分06秒 ) パスワード

松隈享安は代々小城藩の藩医だったみたいですね。

小城藩士の松隈享安のご先祖は今から400年前の佐賀藩祖鍋島直茂の時代まで遡ります。
鍋島直茂が藩医(眼科)として召抱えたのが松隈安齋中原玄祐と云い、彼のご先祖は筑前(福岡県)の出となっています。

初代の松隈享安は松隈安齋中原玄祐の娘(長女)婿で諱(実名)は玄磋と云い、享安とは通名。佐賀初代藩主の鍋島勝茂が1617年長男鍋島元茂を小城へ分地し立藩した期に小城藩の医者として召抱えています。
小城藩では松隈享安玄磋から娘婿の松隈享安意仙、そして意仙の孫の松隈享安玄策と相続され、代々「享安」を名乗っています。

一方佐賀本藩は松隈安齋中原玄祐の娘(次女)婿の玄湖が家督を継いだが、その子供の玄湖(同名)の時に失録し、三代藩主鍋島綱茂は小城藩医だった意仙の子供松隈尚義(甫巷/始名源南)を本藩医として召抱えました。

松隈玄祐(佐賀藩)
(小城藩)−松隈玄磋−松隈意仙−松隈尚義−松隈玄策                           ↓  
(佐賀藩)−松隈玄湖−松隈玄湖‥松隈尚義−松隈尚正

歴史ある名門の家系だと思います。但し、直系よりも他家(藩士のニ男、三男)からの養子が多いのが特徴みたいですね。
[9]松隈 篤郎さんからのコメント(2013年05月05日 09時13分31秒 ) パスワード

鍋島藩士子孫さん 早速詳しい事柄の御教授誠に有難うございます ご指摘の通り直系は少ない様です 我が祖玄高も幕末の頃松田氏から継養子として入り眼科を本領として廃藩後は長子孫が長崎にて続いております

(小生は次男の孫です 去年電話で現医業の当主と話しましたが何も聞き及んでいなくて記録も残っていない様でした)

明治期 衆議院議員を務めた松田正久の家系をご存知でしたら宜しくお願い致したく存じます。

有難うございました。
[14]福岡松隈さんからのコメント(2017年10月06日 13時19分54秒 ) パスワード

福岡の松隈です。 いつか、私の父と何かの営業で来られていた佐賀の松隈さんとどっちがルーツだというようなはなしで盛り上がっていたので、興味を持ち父や松隈家の年配の方に聞いてみました(残念ながら、詳しい本家のおじいさんは亡くなっていました)
又聞きの寄せ集めで信憑性などはわかりませんが、「松隈伊賀は相模の人」という文献が九大かどこかにあると聞いたことがあります。
ここでいう松隈伊賀は戦国時代、福岡の糸島で大友方に属していた松隈伊賀守のことだと思います。
私の先祖になるのですが、福岡市西区にある大友方のコウシダケ城に大内方の原田氏が攻めてきた際、救援に駆けつけ、深手を負い、城の麓で自害したそうで、城があった草場山の麓に墓があります。
 前著で述べた通り信憑性はありませんが、聞いた話を繋げてみると、
どこからか佐賀に渡って来て、その後、福岡の糸島に渡る。
その後、弟さんが佐賀へ戻り、福岡の松隈は伊賀守以降、江戸時代は農家(苗字帯刀はしていたそうなのでいまいち立場が分からないのですが)として、佐賀の松隈は武家として残ったように聞いています。
 
 【 平家物語を熱く語る!!一覧に戻る
この投稿に対する
コメント
注意  HTMLタグは使えませんが、改行は反映されます。
 http://xxx.xxx/xxx/xxx や xxx@xxx.xxx のように記述すると自動的にリンクがはられます。
お名前 (省略不可)
削除用パスワード (省略不可8文字以内)
メールアドレス (省略不可)
URL
 ホームページをお持ちの方のみURLを記入して下さい
◇Copyright(C) 2000 c-radio.net. All Rights Reserved.◇  DB-BBS-system V1.20 by Rapha. WEB design Rapha.